《すぐわかるワードプレス講座ランキング》

▼当ブログおすすめのワードプレス講座はコチラ!

【1位】 カッコイイWordPressブログ作成講座 《ワードプレス初心者向け講座!!》

【2位】 WPHack 《30代向けホームページ作成講座!》

【3位】 テックアカデミー 《無料体験ありプロになるための講座!》

《すぐわかるWordPress講座ランキング》

▼私のおすすめのWordPress講座はコチラ!

【1位】 カッコイイブログ作成講座
《ワードプレス初心者向け講座!!》

【2位】 WPHack
《30代向けホームページ作成講座!》

【3位】 テックアカデミー
《無料体験ありプロになるための講座!》

今回は、WordPressブログのリスト表示をHTMLとCSSでする方法をします。

リスト表示CSSコードを追加する方法

ワードプレスの管理画面を開きます。

左下の「外観」を押します。

左下の「外観」の下の「カスタムCSS」を押します。

一番下の行に移動します。
キーボードの「Enter」を押して、1行ふやします。

下記のCSSコードをコピーして、一番下の行に貼り付けます。

/*リスト表示CSSコード*/
.list0 {
  background: #fcfcfc;/*背景色*/
  padding: 0.5em 0.5em 0.5em 2em;/*枠内の余白*/
  border: solid 3px gray;/*線の種類 太さ 色*/
}
.list0 li {
  line-height: 1.5; /*行の高さ*/
  padding: 0.5em 0; /*枠内余白*/
}

貼り付けました。

一番下の「カスタムCSSの更新」を押します。

次は、リスト表示をHTMLとCSSでする方法をします。

リスト表示をHTMLとCSSでする方法

ワードプレスの管理画面を開きます。

左上の「投稿」を押します。

左上の「新規追加」を押します。

左上の「タイトルを追加」「リスト表示をHTMLとCSSでする方法」と入力します。

右側の「テキスト」を押します。

テキストのところに、HTMLコードを貼り付けます。

テキストのところに、下記コードをコピーして貼り付けます。

<ul class="list0">
<li>サンプル1</li>
<li>サンプル2</li>
<li>サンプル3</li>
</ul>
<ol class="list0">
<li>サンプル1</li>
<li>サンプル2</li>
<li>サンプル3</li>
</ol>

貼り付けました。

右側の「公開」を押します。

「OK」を押します。

右上の「変更をプレビュー」を押します。

「サンプル1、サンプル2、サンプル3」の文字がリスト表示になっていることを確認します。

《すぐわかるワードプレス講座ランキング》

▼当ブログおすすめのワードプレス講座はコチラ!

【1位】 カッコイイWordPressブログ作成講座 《ワードプレス初心者向け講座!!》

【2位】 WPHack 《30代向けホームページ作成講座!》

【3位】 テックアカデミー 《無料体験ありプロになるための講座!》

 

Wordpressの関連記事
  • 【動画付き】XFREEのデータをエックスサーバーに引っ越し(移行)させる方法
  • 【動画付き】WordPressブログのプラグインを一括インストールと有効化する方法(Multi Plugin Installer)
  • 【動画付き】エックスサーバーのWordPressブログを初期化する方法
  • Multi Plugin Installerをインストールする方法とダウンロード
  • 【動画付き】XFREEのWordPressブログのFTP接続設定
  • 海外からXFREEの無料WordPressブログを使う方法
おすすめの記事