今回は、WordPressブログのリスト表示をHTMLコードを使ってする方法をします。

リスト表示をHTMLコードを使ってする方法

ワードプレスの管理画面を開きます。

左上の「投稿」を押します。

左上の「新規追加」を押します。

左上の「タイトルを追加」「リスト表示をHTMLコードを使ってする方法」と入力します。

右側の「テキスト」を押します。

テキストのところに、HTMLコードを貼り付けます。

テキストのところに、下記コードをコピーして貼り付けます。

<ul>
<li>サンプル1</li>
<li>サンプル2</li>
<li>サンプル3</li>
</ul>
<ol>
<li>サンプル1</li>
<li>サンプル2</li>
<li>サンプル3</li>
</ol>

貼り付けました。

右側の「公開」を押します。

「OK」を押します。

右上の「変更をプレビュー」を押します。

「サンプル」の文字がリスト表示になっていることを確認します。

HTMLコードの説明

今回、リスト表示にするために使った「ulタグ」「olタグ」「liタグ」の説明をします。

「ulタグ」は、行の頭に記号付きリストを表示させるために使います。

「olタグ」は、行の頭に番号付きリストを表示させるために使います。

「liタグ」は、リストにする行に1つずつ付けます。

ulタグ記入例

<ul>
<li>サンプル1</li>
<li>サンプル2</li>
<li>サンプル3</li>
</ul>

記事をプレビュー表示したとき

  • サンプル1
  • サンプル2
  • サンプル3

olタグ記入例

<ol>
<li>サンプル1</li>
<li>サンプル2</li>
<li>サンプル3</li>
</ol>

記事をプレビュー表示したとき

  1. サンプル1
  2. サンプル2
  3. サンプル3
Wordpressの関連記事
  • 【動画付き】XFREEのデータをエックスサーバーに引っ越し(移行)させる方法
  • 【動画付き】WordPressブログのプラグインを一括インストールと有効化する方法(Multi Plugin Installer)
  • 【動画付き】エックスサーバーのWordPressブログを初期化する方法
  • Multi Plugin Installerをインストールする方法とダウンロード
  • 【動画付き】XFREEのWordPressブログのFTP接続設定
  • 海外からXFREEの無料WordPressブログを使う方法
おすすめの記事
Wordpress
今回は、WordPressブログのカテゴリを4つ追加します。 Youtubeの動画を取得するときは、「検索キーワード」を入力して、動画を取得...