今回は、WordPressブログの記事のパスワード保護設定の仕方について紹介します。

パスワード保護とは

パスワード保護とは、特定の記事にパスワードを設定して閲覧制限をかけることです。

保護された記事は、パスワードを知っているユーザーのみが見ることができます。

この機能を利用すれば、メルマガ会員限定で記事を公開したり、商品購入者限定の記事を提供したりといった活用もできます。

WordPressへのログインからパスワード保護と解除設定までの手順

まずは、ワードプレスにログインしてみましょう。

私の場合のログインURLは、「http://wptest88310.wp.xdomain.jp/wp-login.php」になります。

ブラウザーのURLバーで「http://「自分のURL」/wp-login.php」でログイン画面が表示されます。

ログインURLを入力した状態です。

「ユーザ名またはメールアドレス」と「パスワード」を入力します。

「ログイン」を押します。

ワードプレスの管理画面が表示されました。

記事作成からパスワード保護設定までの手順

左上の「投稿」を押します。

左上の「新規追加」を押します。

パスワード保護をかける記事を作成します。

「記事タイトル」を入力します。

「文章」を入力します。

画面の右上にある公開状態の初期値は「公開」になっています。

このまま公開すれば、全員が閲覧可能な記事としてアップされます。

パスワード保護で記事を登録したい場合、画面の右上にある「公開状態」の横にある「編集」を押します。

選択できる公開状態は、

  • 公開
  • パスワード保護
  • 非公開

の3パターンがあります。

「パスワード保護」を選択します。

「パスワード」を入力します。

「OK」を押します。

公開状態が「パスワードで保護されています」に変更されたのを確認できました。

公開状態の変更が確認できたら「公開」を押します。

公開状態が「パスワード保護」に変わりました。

基本的な設定はこれで完了です。

公開したパスワード記事の確認

では記事がどうなっているか確認してみましょう。

「投稿を表示」を押します。

記事のタイトルの先頭に「保護中」という文字が追加されて、パスワードを入れないと閲覧できないようになっています。

「パスワード」を入力します。

「確定」を押します。

記事が表示されました。

パスワードの変更と保護の解除手順

設定したパスワードはいつでも変更することができます。

またパスワード保護を解除することもできます。

まずはパスワードの変更をしてみます。

左上の「投稿」を押します。

タイトルを選んで「編集」を押します。

画面右上の公開状態の横にある「編集」を押します。

「パスワード」いれます。

「OK」を押します。

「更新」を押します。

パスワードが変更されました。

続いてパスワード保護を解除してみます

画面右上の公開状態の横にある「編集」を押します。

「パスワード保護」にチェックが入っています。

①「公開」にチェックを入れてます。

②「OK」を押します。

公開状態が「公開」に変わったことを確認して

「更新」を押します。

「投稿を表示」を押します。

「保護中」の文字が消えて、通常の記事で公開されました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

パスワード保護を上手く活用すれば、ブログのコンテンツに付加価値をつけることができます。

積極的に取り入れてみてください。

Wordpressの関連記事
  • 【動画付き】XFREEのデータをエックスサーバーに引っ越し(移行)させる方法
  • 【動画付き】WordPressブログのプラグインを一括インストールと有効化する方法(Multi Plugin Installer)
  • 【動画付き】エックスサーバーのWordPressブログを初期化する方法
  • Multi Plugin Installerをインストールする方法とダウンロード
  • 【動画付き】XFREEのWordPressブログのFTP接続設定
  • 海外からXFREEの無料WordPressブログを使う方法
おすすめの記事