今回は、WordPRessブログのRevive Old Post設定できない人へ よく間違えるところについて紹介します。

WordPRessブログのRevive Old Postsの認証ができない人へ よく間違えるところ 作業手順

まずは、Twitter Appsのページを開きます。

https://apps.twitter.com/

左側の「自分のアカウント(wp-senseinet)」を押します。

左上の「Setting」を押します。

「Website」「Callback URLs」が間違っていないか、確認してください。

Website記入例:http://wp-sensei.net

Callback URLs記入例:http://wp-sensei.net/wp-admin/admin.php

よくある間違え

1.間違え:https://wp-sensei.net
httpsに「s」エスを入れてしまっている。正しくは、「http」です。

2.間違え:http://wp-sensei.net/
URLの最後に「/」スラッシュを入れてしまっている。最後のスラッシュはいりません。

修正、終わりました。

一番下の「Update Setting」を押します。

左上の「Keys And Access Tokens」を押します。

「API Key」「API Secret」をコピーして、「Revive Old Posts」に貼り付けます。

Wordpressの関連記事
  • 【動画付き】XFREEのデータをエックスサーバーに引っ越し(移行)させる方法
  • 【動画付き】WordPressブログのプラグインを一括インストールと有効化する方法(Multi Plugin Installer)
  • 【動画付き】エックスサーバーのWordPressブログを初期化する方法
  • Multi Plugin Installerをインストールする方法とダウンロード
  • 【動画付き】XFREEのWordPressブログのFTP接続設定
  • 海外からXFREEの無料WordPressブログを使う方法
おすすめの記事